http://www.pipopatat.nl canda goose outlet http://www.desmidsehemmen.nl canada goose sale

フィル・ジャクソンがすでに動いていた

ニューヨーク・ニックスのプレジデントであるフィル・ジャクソンはすでに新ヘッドコーチ候補と接触をしていたようだ。

その人物とは、ゴールデンステート・ウォリアーズのアシスタントコーチであり、ジャクソンもレイカーズ時代にコーチしていたルーク・ウォルトンだ。
ジャクソンとウォルトンはニックスの次期HCについて電話で話を交わしたそうだ。

ウォルトンはすでにニックスとネッツの2チームとインタビューしており、残念ながらネッツはアトランタ・ホークスのアシスタントであるケニー・アトキンソンを次期ヘッドコーチに指名している。2連覇を目指すウォリアーズは、ウォルトンにプレーオフに影響ない限りにおいて他のチームとコンタクトをとることを許可している。

ニックスがウォルトンを欲しがっても彼はそうでもないかもしれない。ウォルトンの西海岸出身であり、また家族も西海岸にいる。戦術面でも、ウォリアーズは、トライアングルの基礎は取り入れているが、トライアングルそのものを導入しているわけではない。ウォリアーズは、トライアングルなしでリーグ記録である開幕24連勝、ジャクソンのブルズ時代に達成した72勝のリーグ記録を塗り替えている。ニックスでトライアングルを指揮するモチベーションが見当たらない。また、ウォルトンは、ジャクソンからドレック・フィッシャーのアシスタントへのオファーがあったが断っている。

ウォルトンは、他チームからも興味を持たれているが、次シーズンもウォリアーズに残るとウワサされている。

– via New York Post

– photonj.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です