http://www.pipopatat.nl canda goose outlet http://www.desmidsehemmen.nl canada goose sale

プレーオフ GSW 対 HOU

プレーオフの初戦、ロケッツのPGのビヴァリーは、今期得点王のカリーを止めることを託されていた。1Q始まって早々に、ビヴァリーが腕を伸ばしてカリーをプッシュし激しいをファウルした。2人は揉みあいになり、ダブルテクニカルをもらった。

その後、カリーは爆発し、ビヴァリーのFGMは1/7と差が出てしまった。ファールに関してビヴァリーは、「フィジカルなプレーは試合の内の1つだ。あのプレーでは、スティールに行ったら腕が絡まったんだ。オレは、ケンカではなくバスケをしている。ただアグレッシブにプレーしているだけだ。毎回一生懸命にプレーしているんだ。誰とも駆け引きはしない。もし彼らがそう思うならそう思ったってことだ。俺にはどうすることもできない。」

ウォリアーズのドレイモンド・グリーンは、ビヴァリーのデフェンスについて聞かれると、「あれがビヴァリーだよ。あれが彼を彼と言わしめるものだ。汚いとも思わない。微妙なところを突いてくるが、それが彼のプレースタイルだ。微妙は微妙、汚いは汚い。」

シュワン・リヴィングストンは、2009年にアーカンザスからドラフト2巡目でキャリアを積んできたビヴァリーに対し、「彼はこれからも引き下がることはないだろう。彼はロケッツの心でもあり魂でもある。オレたちのグリーンのようなものだ。彼らは勝つためのプレーをしているし、そうするべきだ。もしそうなら、それをやるのは彼しかいない。」

ウォリアーズのHC、スティーヴ・カーもロケッツが、「カリーに対してフィジカルに当たってくるのは当然だと思っている。私もロケッツと同じ立場だったら同じことをするだろう。私たちに必要なのは、それを回避する戦い方だ。」

– via USA Today Sports

–photo fansided


ヒューストン・ロケッツのエースであるジェームズ・ハーデンは、今シーズンNBAのトップの平均10.2のFTAだ。しかし、ゴールデンステート・ウォリ アーズのプレーオフ第1戦目では0FTAだった。プレーオフでFTを打たなかったのは、OKC時代の2012の1.12のヒートとの決勝戦以来だ。

ロケッツは、ハーデンをハイピックしてそのままゴールへとドライヴするプレーを封じられてしまった事を意味する。レーンを封じる守備に対し、ロケッツは有効な手を携えてくるのだろうか。第2戦はアメリカ時間で月曜日にウォリアーズのホームであるオークランドで行われる。

– via San Francisco Chronicle

–photo sporting news


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です