http://www.pipopatat.nl canda goose outlet http://www.desmidsehemmen.nl canada goose sale

ロケッツの冷めた選手たち

ウォリアーズ対ロケッツのプレーオフ1stラウンドの第3戦、ラスト2秒でハーデンがゲームウィナーを決めたが、その瞬間、ベンチのリアクションが冷めていた。ここで負ければ3-0となり、シリーズは終わったも同然の状況から脱する事に成功したにもかかわらず、よろこびを現す選手が少なかった。

それについて聞かれたドワイト・ハワードは「黙れ (Shut up!)」と言い放った。


 そのハワードだが、クロージングゲームでベンチにいることは大丈夫なのだろうか。チームメイトとの不仲もウワサされている。今季解雇された元ロケッツのケヴィン・マケールは、「去年のプレーオフで、ハワードはリズムに入れてないから、ボールをほしくないと言っていたんだ。今のハワードは、ローポストでかつてのハワードとは違う。」

3 thoughts on “ロケッツの冷めた選手たち”

  1. NBA好き says:

    ハワード派とハーデン派でチームが分かれているということなんですかね?

  2. kobayashi says:

    ロケッツのロッカールームはあまり良くないのではないでしょうか。
    察するに、ハーデン派、非ハーデン派、ハワード、無所属がありそうですね。
    ハワードは孤立していた感すら漂っています。

    以前のロケッツ記事にまとめましたので、良かったら読んでみてください。
    http://nbareporter.net/2016/04/29/04292016_03/

    テリーがチームをまとめようと頑張っていた様子です。
    ハワードのインタビューを7/1までにまとめてみようと思います。

    1. NBA好き says:

      お答え頂きありがとうございます!
      ハワードはかなり孤立していたんですね…。
      これからも記事楽しみにしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です