http://www.pipopatat.nl canda goose outlet http://www.desmidsehemmen.nl canada goose sale

ロケッツのウワサ話

今季優勝候補の一角と言われていたロケッツが、プレーオフへはギリギリ進出して、早くもファーストラウンドで敗れました。そのためか、いろいろなウワサが出ているのでまとめました。

ロケッツの主力の1人であるCのドワイト・ハワードは、来シーズンのロケッツとの23.3億ドルの契約を蹴って、他のチームに移ると言われています。ハワードとチームメイトの関係は以前にも書きましたが、特にもう1人のスターであるハーデンとの関係が悪いそうです。

今シーズン、ハワードはP&Rを91回しかやっておらず、それはクリッパーズの控えのコール・アルドリッチやネッツのトーマス・ロビンソンよりも少ない数字だ。しかも、元監督のマケールからは、すでにゴール下での輝きはないと言われている。

ハワードは、ハーデンが自分に対しリスペクトがない事にムカついており、前のチームメイトにこの問題をどうすればいいかメールしたりしていた。

そのハーデンは、今シーズン終了して、ハワードの今後の事について聞かれると、「それは彼が家族と決めることだけど、オレたちは、彼のこと(Big Fello)は愛している。」と語った。(ハワードの名前を言わないのが鍵)

そのハーデンも今シーズンは去年のMVP候補からは考えられないような不調に終わりました。

ハーデンはオドムが風俗でドラッグをしてODで死にかけた時、オドムの妻で別居中のカーダシアンと付き合っていた。またマケール監督によると多くの選手がトレーニングキャンプにアウト・オブ・シェイプで現れ、ハーデンもその中の1人だと言われている。

ハーデンのリーダーとしての資質も疑問視され始めている。ハーデンは、このプレーオフシリーズもそうだったが、ロードゲームの時に時々チームバスに乗らないことがあるようだ。リーダーとして理由もなくチームメイトと一緒のバスに乗らないのは問題だ。それを許す球団にも問題がある。

ハーデンがヘッドコーチにとった行動も話題になった。

ロケッツは、まずはドラフト前にヘッドコーチを決めたいところですね。ジェフ・ヴァン・ガンディーと言われていますが、オーナーのアレキサンダー氏は走ってスリーもあるウォリアーズのようなチームにしたいとも言っているそうです。そうなると新しいヘッドコーチはヴァン・ガンディーではないのかもしれません。

– via ESPN.com/Houston Chronicle – photo Orland Sentinel

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です