http://www.pipopatat.nl canda goose outlet http://www.desmidsehemmen.nl canada goose sale

ウォルトン続報

ルーク・ウォルトンとレイカーズの契約は5年で年間5~6億ドル(4年ギャランティー)とインセンティブで合意になりそうだ。

ルーク・ウォルトンはアメリカのメジャープロスポーツのヘッドコーチとしては、初の80年代生まれだ。

レイカーズには、トライアングルができるような選手がいないため、トライアングルはやらない。ウォリアーズのようなスペース&モーションオフェンスになるだろう。

カーは、ウォルトンがすぐにレイカーズと合意するとは思っておらず、数週間はかかるプロセスだと思っていたため、「ショックだった。」と語った。

カー:「レイカーズのヘッドコーチ探しは数週間はかかると思っていた。他にも誰かをインタビューをすると思っていたし、その後でまたルークを再インタビューすると思っていた。」
4時にルークが電話してきて言ったんだ。
「いい知らせと悪い知らせがある。」
私は、「いい知らせってなんだい?」と聞いた。
ルークは、「レイカーズが仕事をオファーしてきた。」
「じゃあ悪い知らせって何?」
「そのオファーをとったんだ。」
だから、そうだね、悪い知らせだよ。
明らかにルークにとっては良い事だし、彼はいいコーチになるだろう。でも悪い知らせなのは、ルークの変わりなんていないんだ。ルークがいなくなるなんて考えられないよ。彼は私たちのカルチャーの大きな一部で一緒にいて楽しいしね。

レイカーズと合意した後、カーに電話するのはすごくナーバスになったよ。ここでやっているとこは特別なことだからね。

ウォルトンの離脱により、ウォリアーズは外部からアシスタントを招く可能性もある。2014年にウォリアーズに決まる直前にキャブスのヘッドコーチになったデヴィット・ブラット、ウォリアーズの特別コーチとして雇われているナッシュのウワサもあがっている。

– via Twitter ESPNSteinLine

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です