http://www.pipopatat.nl canda goose outlet http://www.desmidsehemmen.nl canada goose sale

カールがキングスを語る

サクラメント・キングスから解雇されたジョージ・カール元ヘッドコーチは球団から必要なサポートを得られなかったと語った。

ヴレイド(プレジデント)の仕事はこれからが大変だ。彼はまだ誰も経験したことのないNBAのFAに割って入ってロースターを変えなければいけない。もしカウズンズをキープするなら、それこそ正しく選手を集めなければいけない。同時に、カウズンズの事ばかり考えてもいけない。バスケの事を考えなければいけないからだ。
カールとカウズンズの関係性は悪かった。
カール:「カウズンズとは一度も良い関係になった事はない。それは私の責任でもある。トレードできない選手なんていないと言ってしまったからね。スマートに何も言わなければよかった。なにしろデマーカスがトレードされるなんて思ったことはないんだからね。」
11/8にスパーズとの試合で敗れた後、カールは自分を怒鳴ったカウズンズを2試合出場停止にしようとした。

カール:「あの夜に爆弾が爆発したんだ。ヴレイドもそこにいた。彼は、私ではなくカウズンズをサポートした。だから私はいつでも切られるポジションにいるんだ、と思ったんだ。カウズンズが力を持っていた。球団は何度もそのメッセージを選手たちに送っていた。逆に選手たちはカウズンズに立ち向かえる人物を望んでいて、それはヘッドコーチがするべきだと思っていた。」
キングスは、ホーネッツのアシスタントコーチであるパトリック・ユーイングをインタビューした。センターで一時代を築いたユーイングならカウズンズのリスペクトを得られるかもしれない。
– photo nypost

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です