http://www.pipopatat.nl canda goose outlet http://www.desmidsehemmen.nl canada goose sale

NBAがSAS対OKCの誤審を認める

サンアントニオ・スパーズ対オクラホマシティー・サンダーのプレーオフ2ndラウンドの第2戦は最後まで接戦となったが、最後の最後で審判がファウルをとらなかった事でネットが炎上した。問題となったシチュエーションは、残り時間13秒で、1点差。勝っているサンダーがインバウンドでボールを持つ。通常であれば、スパーズはサンダーがボールを入れた瞬間にファウルして時間を止めるファウルゲームに入るはずだった。しかし、ここでプレーオフらしいドラマが起こった。

審判がファウルをとらなかったプレーを時系列でまとめました。

サンダーはインバウンドのパサーにウエイターを選ぶ。スパーズのジノビリがインバウンドするウエイターをガードする。

ファウル1:  ガードしている最中にジノビリがサイドラインを踏んだ。

ファウル2: その後、ウエイターがパスを出すために、邪魔しているジノビリをサイドラインを越えて肘で押し返した。ウエイターは、その瞬間、


ファウル3: ジャンプしながらパスを出した。

その間、コート上では2つのファウルがあった。

ファウル4: スパーズのパティー・ミルズが、サンダーのCのスティーヴン・アダムスを掴んで捕まえた。

ファウル5: スパーズのクワイ・レナードが、サンダーのラッセル・ウエストブルックのジャージを掴んだ。

そして、ウエイターがパスを出した後、スパーズがインバウンドパスを奪った。この時、残り2.6秒である。

ファウル6: サンダーのイバカが、スパーズのラマーカス・アルドリッチのジャージを掴んだ。これはシューティングファウルになり、アルドリッチのFTになるはずだった。


NBAが毎試合の翌日に出す「ラスト2分レポート」では上記1,2,4,5,6の5つのファウルが取られるべきだったと書かれている。


その試合のリード・レフリーを務めたケン・マウアーは、試合後にウエイターのオフェンシブ・ファウルを見逃した事を認めた。

マウアー:「フロアではファウルは見えなかった。」「しかし、レビューでオフェンシブファウルだと気づいて、レフリー全員で同意した。私たちはオフェンシブファウルを取るべきだった。」

また、ウエイターがジャンプしながらインバウンドパスを出したプレーだが、ルールブックには選手はパスを出すために動いてはいけないと書かれている。しかし、NBAによると、インバウンドでジャンプすることは認められている。ルールブックの変更をすぐにでもしないいけない。

NBAの審判は前日の、同じく接戦だったトロント・ラプターズとインディアナ・ペイサーズの第7戦のラストプレーで、ラプターズのダーマー・デローゼンがアリウープに行くイアン・マヒミの背中をジャンプ中に押したプレーを見逃している。

– via espn
– photo deadspin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です