http://www.pipopatat.nl canda goose outlet http://www.desmidsehemmen.nl canada goose sale

KDがスパーズと契約するためのサラリーキャップ考察

今まさにPOで、サンアントニオ・スパーズ対オクラホマシティー・サンダーの第3戦が行われていますが、サンダーのエースであるケヴィン・デュラントが今季のFAでスパーズを選ぶ可能性もウワサされています。

しかし、スパーズには、クワイ・レナード、ラマーカス・アルドリッチ、トニー・パーカー、ティム・ダンカン、マヌ・ジノビリ、デヴィット・ウエストなどビックネームもいますが、果たしてマックスのKDを契約するのは可能なのでしょうか?
sportingnewsがサラリーキャップを計算してみました。
もしKDがスパーズに行くなら、KDのマックスである25億ドルのキャップスペースを作らなければいけません。どの選手をトレードして、どの選手をキープするのか。もし、ダニー・グリーンの10億ドルがなくなれば、キャップの92億(予想)に収まります。TPの14億でもいいのですが、他の選手を活かすためにTPは必要でしょう。

※ジノビリはベテランミニマムかミッドレベル・エクセプションで再契約する必要があります。グリーンがいなくなって薄くなったガードを埋めるためにもこれが必要です。

 ※デヴィット・ウエストも今季スパーズにミニマムで来たようにミニマムで契約する必要があります。
※プレーヤーオプションがあまり残っていないので、ダンカンはPOを契約書に乗せずにサラリーキャップで残ったお金でプレーする必要があります。
– via sportingnews
– photo zimbio

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です