http://www.pipopatat.nl canda goose outlet http://www.desmidsehemmen.nl canada goose sale

ADとリラードの明暗 (ALL NBA TEAMの余波)

もし、アンソニー・デイヴィスがセカンドチームとして9票を獲得していたら?

 

デイヴィスは24億稼いでいた。

アンソニー・デイヴィスはALL NBA TEAMに選出されなかったため、ローズ・ルールが適用されないことが決定した。

 

ローズ・ルールとは、ルーキー契約から次の契約を結ぶ時に選手が得られる契約金の上限を定めたもので、選手がオールスターのスターターに2回、またはALL NBA TEAMに2回選出される事を条件に、チームのサラリーキャップの30%を得ることが出来るという契約内容だ。

 

デイヴィズは去年ALL NBAのファーストチームとオールスターのスターターに選ばれているが、今年はどちらにも選出されずにローズ・ルールの資格を得られなかった。その結果、デイヴィスの契約は5年契約の144億ドルが、120億ドルの価値になってしまった。

 

デイヴィスと対照的なのが、デミアン・リラードだ。

リラードは、2年連続でALL NBAチーム(昨年はセカンドチーム)に選出されたことにより、ローズ・ルールを行使することが可能。

 

しかし、リラードは契約時に上限マックスの30%ではなく、27.5%で契約延長に合意しているので、得られたはずの12.4億ドルを損をしていることになる。

 

– photo NBA.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です