http://www.pipopatat.nl canda goose outlet http://www.desmidsehemmen.nl canada goose sale

ペニーの今 ハイスクールのコーチに。優勝ストーリー

90年代にスター選手だったペニー・ハーダウェイは今、地元テネシー州のメンフィスに戻り、高校チームの監督をしている。



なぜ、NBAではなく、カレッジバスケでもなく、ハイスクールバスケなのか?

それは、親友のデズ・メリウェザーとの約束を果たすためだ。

 

デズ・メリウェザーは、メンフィスのレスター・ミドル・スクールでコーチをしていた時に、ハーダウェイにチームを良くするのを手伝ってくれと頼んだ。ハーダウェイは快諾し、それからはレスターを州のトーナメントで3回も優勝させることに成功した。

何人かの教え子たちがイースト・ハイスクールへ進学すると同時に、メリウェザーもイースト・ハイのイースト・ハイ・ムスタングスというチームのコーチに就任することになった。しかし、その頃からメリウェザーは大腸ガンを患っていた。残念なことに、ガンとの闘病のため、メリウェザーがコーチしていたのはたったの数ヶ月だった。彼は、2015年の2月に41歳の若さで亡くなった。

その後、ハーダウェイがメリウェザーの意思を継ぎ、ムスタングスのコーチとして就任した。ハーダウェイのチームは、AAA Boy’s Basketballトーナメントで2試合しか落とさずに、今年3月に優勝した。


ハーダウェイ:「これはデズが4年間取り組んできたビジョンの賜物です。この優勝は彼のものなんです。神は偉大です。まるでデズが見守っているようです。」

メリウェザーは他にも託していた事があったらしい。

亡くなる1週間前に、教え子たちを必ず大学へと進学するように導いてくれと頼んでいた。

そして、3人の教え子たちが高校を卒業して大学へと進学することになる。コービー・フリーマン、ロバート・ワシントン、コートニー・カーターの3人だ。

フリーマン:「デズとペニーが教えてくれた事は、たとえ自分がどこの出身でも、必ず進む道はあるということです。どんな状況にいても、前進し続けるなければいけません。そして、自分が他人にしてもらいたいように人に接し、自分がどこから来たのか見失ってはいけないという事です。」

ワシントン:「デズとペニーは、愛する人のことを決して見捨ててはいけないと教えてくれました。」彼は地元のコミュニティーに時々戻り、子供たちのための活動をしていきたいそうだ。

カーター:「デズは、どんな不利できびしい状況にいても戦い続けることを教えてくれました。ペニーは誰にも負けないくらい努力して、完璧を目指すことを教えてくれました。」

ハーダウェイにとっては、州の優勝よりも、親友との約束を果たし、子供たちを教育し導くことが重要だと語った。

「デズは、子供たちが次のレベルへと進むことがどれだけ重要なことか知っていたんです。知識とそれが持える力の重要さも理解していました。子供たちがいずれ何よりも、教育された心の持つ力を必要とすることもわかっていました。デズの想いは私とともにあり、私は、神によって与えられたすべての力を使いそれを実現していきます。」

これからもハーダウェイはメリウェザーと共に、子供たちが持つバスケよりも先にある人生が輝かしいものになるために、彼らを導いていく。

ペニーのハイライトです。


– via The undefeated
– photo The undefeated

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

NBAニュース

NBAゴシップ

NBAコラム