キャブスがグリーンをドラフトしていた可能性

http://www.pipopatat.nl canda goose outlet http://www.desmidsehemmen.nl canada goose sale
キャブスのオーナーのダン・ギルバートは、2010年のレブロンの「決定」から学んだレッスンについて語った。
それは、2度と球団の運命をひとりの選手に影響されないようにすることだ。


しかし、2012年のドラフトがキャブスの運命を変えてしまったかもしれない。

2012年のドラフトで、ファーストラウンドの終わりにミシガン・ステート大学の監督トム・イゾーから電話があり、ドレイモンド・グリーンを取るように伝えたのだ。イゾーはグリーンはホンモノだと言った。キャブスはセカンド・ラウンドを2つ持っていて、33位と34位指名だったが、バーナード・ジェームスとジョー・クラウダーをドラフトし、ウォリアーズがグリーンを35位でドラフトした。


ギルバート:「まだ真夜中に冷や汗をかいて起きてしまうほどグリーンを取らなかった事が悔やまれる。直感を信じなかったんだ。」

– via ESPN.com
– photo bigplay

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です