The tough night of Green (グリーンのファイナル観戦)

http://www.pipopatat.nl canda goose outlet http://www.desmidsehemmen.nl canada goose sale

ウォリアーズのドレイモンド・グリーンは、ウォリアーズが負けた試合を隣にあるオークランド・コロシアムで観た。行かなければいけない優勝パーティーもなく、まだバスケットボールは続く。試合後、グリーンは警備員に付き添われ自分のSUVへと向かった。元NFLのスターであるマーシュワン・リンチも一緒だった。



これはグリーンが描いていたウォリアーズではなかった。前の試合でレブロンといざこざを起こしたした結果により今日の試合に出れないの痛かった。ジェームスがグリーンをまたいだ事に反応したグリーンは、ジェームスの股間に接触をしてしまった。それにより、NBAはグリーンにフラグラント1を与え、累計でフラグラントファウル・ポイントが4点に達したグリーンは自動的に出場停止になってしまったのだ。



日曜の夜に知らされた出場停止のニュースを聞いて、グリーンは泣きそうになった。優勝をかけた戦いで「兄弟」たちの力になる事が出来なくなったからだ。NBAは、ウォリアーズが優勝した場合、グリーンが優勝セレモニーへ参加出来るように試合会場であるオラクルに入れるようにした。しかし、そうなるためには、グリーンは試合をどこかオラクルの近くで観戦しなければいけない。バークレー〜オークランドヒルズにあるグリーンの家で観戦するとシャンパン・スプレーに参加するのが遅れてしまうのため、家での観戦は選択肢にならなかった。サンフランシスコ・ジャイアンツがミルォーキー・ブリュワーズとの試合のチケットを用意してくれたが、それでは自分の家よりも遠くなってしまう。

グリーンはオラクルのすぐ隣にあるオークランド・コロシアムにいる事にした。第5試合の1時間前に開始されるオークランド・アスレティクスとテキサス・レンジャースの試合(野球)で始球式をしないかと誘われたが、断った。友人で元シアトル・シーホクスのリンチがサポートとして付き添い、A’sの用意した部屋で試合を観た。テーブルの上は典型的な野球モノになっていた。チキンフィンガーズ、ホットドック、ポップコーンにチップスだ。

グリーンは解説実況に興味がなかったため、テレビのボリュームを下げて観戦していた。彼は野球場にいたが、アスレティクスがレンジャーズを14対5でやっつけているのを気にもしなかった。彼は自分のチームに集中していた。リンチはオークランド出身なので、どちらの試合も観ていた。グリーンのところには、ウォリアーズのGMのボブ・マイヤーズ、ナイキのエイドリアン・ステリー、パーソナル・マネージャーのジャキール・ジェイコックス、エージェントのBJアームストロング、その他の友人たちも来ていた。ステフ・カリーとクレイ・トンプソンがシュートを決めるとリンチは「あの薄い肌の奴らイイね」と言った。

グリーンは出場停止になっても、スタンドにはファンがダンボールでつくったグリーンがいたため彼の魂は存在していた。



グリーンにとって、試合に出るのではなく、”観る事”はしたくはなかった。彼は傷ついていたそうだ。チームが守備でうまくいっていない時は、スクリーンに向かって叫んでらしい。その守備はジェームスとカイリー・アービンの2人に82点も取られてしまった。NBAのファースト・ディフェンシブ・チームに選ばれたグリーンにもどうすることも出来なかった。マイヤーズは、センターのアンドリュー・ボガートが膝のケガした時に様子を見に行ってしまったが、じきに戻ってきた。グリーンはボガートのケガにナーバスになっていた。4Qになり、ウォリアーズが負けるとハッキリした時にマイヤーズはまた去って行った。

ファンたちが部屋の外で「MVP…MVP」と叫んで挨拶した。トイレが部屋になかったので、グリーンは群衆をかき分けてトイレにいかなければならなかった。





負けがハッキリした時にグリーンは明らかに失望していた。負けを受け入れるのは難しかった。ヒーロー的な終盤での大逆転や、ハリウッド的なエンディングもない。第5試合が終わり、第6試合が現実味を帯びてきた時、グリーンは精神状況をきり変え、次の挑戦へと興奮していたそうだ。第6試合は6月16日の木曜日にクリーヴランドである。2015年にウォリアーズが優勝した時と同じ場所だ。「Let’s go」グリーンは叫んだ。「もう1試合、プレーできる!!」

ブザーがなると、グリーンとリンチは野球には振り返らずに、彼らを写真やビデオをとるもみくちゃにするファンと向き合いに行った。2人のカメラマンが通路でビデオを撮ろうと待ち構えていた。しかし、警備員はグリーンを他のルートでクルマまで案内した。駐車場は渋滞していた。その時、ウォリアーズのチームメイトは彼なしでロッカールームで敗北を嘆いていた。

グリーンは試合のボリュームを下げていたが、ジェームスがブーイングを浴びていたのを聞いた。第6試合はクリーヴランドへと戻る。その時、そのブーイングはグリーンに向けられるだろう。

– via The undefeated

– photo washington post

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です