キャブス優勝!!!

http://www.pipopatat.nl canda goose outlet http://www.desmidsehemmen.nl canada goose sale

レブロン・ジェームスは優勝を決めたNBAファイナルの第7戦で27得点、11リバウンド、11アシストを記録し、キャヴァリアーズをNBA初優勝へと導き、ファイナルMVPに選出された。



キャヴァリアーズは、史上初の3勝1敗から巻き返し優勝すると同時に、クリーヴランドのプロスポーツ球団が52年間優勝していない記録を阻止した。

ジェームス:「わたしたちが(その記録を)止める事が出来た、この優勝は彼らのものだ。」



試合は接戦だった。両チームが強みを出して戦った。クリーヴランドはフィジカルでリバウンドをもぎとっていた。ジェームズは2試合連続41得点からの調子を維持し、前半で12点、8リバウンド、5アシストをマークした。ステフェン・カリーが注目を集める中、ドレイモンド・グリーンが活躍し、前半だけで22点とり、3ポイントは5-5だった。

グリーン:「勝たなかったから、スタッツがよくても意味はない。」

ウォリアーズの中では、グリーンだけが調子がよかったのかもしれない。カリーは前半で9点(8FGA)で、クレイ・トンプソンはもっと悪かった。トンプソンは前半で5点(2-9FGM)だった。

カリー:「チームを活かすようにプレーできなかった。いい時もあったが、チームが勝つためにはそれだけでは足りなかった。アグレッシブにいったが、うまくいかなかった。これはしばらく立ち直れないだろう、なぜならチームを勝利へと導き、大きな舞台で必要な事をやることがわたしにとって重要だからだ。前回はそれが出来たが、今夜は出来なかった。」

ウォリアーズにとって幸運だったのは、ジェームスの他がパっとしなかった事だ。前の2試合では64点とっているカイリー・アービンが前半でたったの9点だった。ケヴィン・ラヴは5点だった。

カリーとジェームスの戦いは第7戦でも続いた。2Qでジェイムズがカリーのレイアップをブロックした時、カリーは振り返ってジェームズへあたりに行き、何かを叫んでいた。グリーンが間に入り、審判のマイク・キャラハンが2人を振りほどいた。

レギュラーシーズンで73勝しているウォリアーズは前半で7点リードしていたが、キャブスはその差を3分で打ち消した。そこからはリードが入れ替わった。ウォリアーズの5点リード、キャブスの7点リード… 3Qになってアービンが息を吹き返し12点をあげた。ハリソン・バーンズが不調を脱ぎ払い7点とった。3Qが終わって、ウォリアーズが1点リードしていた。

第7戦ではアンドリュー・ボガートの欠場が響いた。変わりのエジリ(0点)はなにも出来なかった。アンダーソン・ヴァレジャオが出ている時、ウォリアーズは4対5でオフェンスをしなければならなかった。カーは、3Qの途中で2人を見限り、残りの試合の大部分をスモールラインアップで戦った。

4Qでもリードが変わった。カリーがトリスタン・トンプソンの上からスリーを決め、ジェームズはターンアラウンドでそれに応えた。クレイ・トンプソンがJ.R.スミスの上からむずかしい3を決めた。同点でむかえた残り2分で、アンドレ・イグオダラのトランジション・レイアップをジェームズがブロックした。アービンが3を決め、ジェームスがフリースローでリードを4点へとひろげた。13回目のカリーのシュートが外れ、試合は決まった。

キャブスのベンチは、2年前に優勝を約束して戻ってきた地元のヒーローであるジェームズへと駆け寄った。

ジェームス:「戻ってきたのには理由がある。この街に優勝を捧げることだ。わたしにはそれが可能だと思っていた。」







-via The verticle
-photo abc

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です