プレスティGMインタビュー サンダーについて語る

http://www.pipopatat.nl canda goose outlet http://www.desmidsehemmen.nl canada goose sale

9年間、プレスティとデュラントはともに戦ってきた。その戦いは、プレスティが29歳でGMになってから、月曜の朝にKDから受けた電話まで続いた。オクラホマシティーでラッセル・ウェストブルックがはじめてデビューした時、プレスティの仕事は2人のスターのサポーティングキャストを見つけるだけではなく、彼らのダイナミックな才能を最大限引き出すことだった。ふたりはいつもうまく行っていた訳ではなかったが、すばらしいところまで行った。デュラントのエグジットをサンダーGMのサム・プレスティに聞いた。

Q: ロースターや将来や球団の事はおいておいて、人間としてそのニュース(KDの移籍)をどう受け止め、何を思ったか?

A: がっかりしたけど、ケヴィンが自分にとってベストな決断をした事を尊重します。同時に、良いチームをつくるために彼が必要不可欠だった事実をよく考えるチャンスだと思いました。ひとりのプレーヤーが球団をつくり、それを幸運にも実現できるのを見るなんて滅多にない事です。6回中4回のウエスタン・カンファレンスのファイナルに、NBAファイナル、プロスポーツの中で過去6年で4番目にいい記録(サンアントニオ、NFLニューイングランド、NFLグリーンベイに次ぐ)。彼はウエストブルックとニック・コリソンとともにこのプログラムを造ったまさしく偉大な創設者です。だから、彼とのチャプターが終わったことは残念に思うが、彼の献身と貢献を尊敬しています。

わたしと彼がこれを始めた時、彼は19歳でわたしは29歳でした。わたしたちは時とともに進化しました。このような長い期間、彼のような選手と一緒に仕事ができるのは珍しい事です。わたしたちはお互いに進化して成長したと思います。わたしたちが人間として成長した結果、この球団も進化して成長出来ればと思っています。人生の一時を彼といっしょに共有する事ができて誇りに思っています

Q:「できるだけの事をやった」と思ったか。それとも、あの時こうしていれば良かったと思ったか?

A: まずひとつ目に、この9年間で多くの事をやろうとはしませんでした。1:リアルタイムでサンダーの魂である誇りつくること。2: どんな時でも前進し、常に成長を追い求める心構えをつくること。最後に、わたしたちの選手や従業員が活躍でき、豊かになれるな環境をつくる事。わたしたちは、どんなに苦しい時でも威厳と誠実さを失わなずに、毎年競い合えるチームをつくり、彼が代表したいと思わせるような球団をつくっていく事を目標としていました。

同時に、スポーツに変化はつきものです。彼はその決定をする権利を得ました。わたしがやりたくない事は、この8年間で達成してきた事や、昨シーズンにファイナルまで後1試合だった成功を捨てるような事です。

Q: ある特定の過去を振り返るのはツライと思う。67勝したスパーズを下し、73勝したウォリアーズを追いつめた。これをどう思う?

A: すでに言ったように、彼のサンダー時代が終わったことは残念です。しかし、昨シーズンは、スパーズとウォリアーズに対して7勝5敗だったので、彼にとってベストなシーズンだと思っています。攻撃面では、リーグでも屈指の守備をするチームに対してすばらしい成功を納めました。結果は確かに残念なものですが、シーズンとポストシーズンを通して、根性と魂と集中力を発揮できた事は球団にとっては大切な瞬間でした。わたしたちは、ヤル気、精神力、タフさを持って強敵たちに立ち向いました。

 Q: KDとの会話でシェアできる事はあるか?

A: それは言えません。彼が自分自身でわたしに電話をしてきた事を尊敬しますし、これからも彼がチャンスに恵まれる事を祈っています。OKCでの経験が、人として、選手として、彼の成長に大きく影響し、この先も彼の役にたてる事を願っています。なぜなら彼はこの球団の誕生、進化、誇りに欠かせない1部だからです。彼とは、わたし達が望んでいたよりも早く終わってしまいましたが、彼がここから始まり、努力する事でとてつもなく進化した事実は誰にも変えられません。

Q: あなたたちはここのカルチャーを誇りにしているが、それはひとりの選手よりも大きい。とは言え、大きな穴があいた。このような変化に対し、どうやってチーム一丸で乗り越えていくのか?

A: みんなは旅立ちを終わりだと思うかもしれません。でも、わたしたちはそれを始まりだと思っています。サンダーで10日でも10年でもプレーすれば、わたしたちのチームの誇りの1部になると言っています。

選手たちは、わたし達とともに進化して成長しているが、革新的でいる事、心を開き、学び続け、ケヴィンやラッセルが自分たちのパーソナリティーをいつでも反映できるような球団をつくり続ける事は必要だと信じています。それらはわたし達が前進していく上で必要な中心的な価値なのです。

ラッセルとニックはこの球団の創設者の3人の内の2人です。彼らは、わたし達がこれからつくろうとしているものを体現しています。そして、スティーヴン・アダムスのような男たちがそのアプローチを取り入れ、未来のサンダーの選手たちがこの誇りをつくり続ける事ができるような環境で成長してくれています。

Q:ロースターについて聞くタイミングではないとわかっているが、ラッスのシチュエーションについて一言(来シーズンにFAで未来は不透明だ)?

A: ラッセルはここの創設者でもある。この球団をつくりあげるための努力と信念が、わたし達のユニフォームを着る選手たちがひとつの個性でまとまるように助けていきます。わたし達は、ラッセルが大事な一員を失ったチームの中心である事をうれしく幸運と思っています。

わたしは、彼がわたしたちのリーダーである事と、始めからここにいる事をとてもうれしく思っています。ケヴィンはあたらしいチャレンジ、いや、違ったチャレンジに挑むことを決めましたが、それについてラッセルと直接通じ合う必要はないと思います。

Q: ケヴィンの決断の後でラッセルと話したか?

A: ニューヨークから帰ってきてから話していません。テキストは送りました。コンタクトはお互いに取り合っています。他の選手たちとも同じように連絡を取り合っています。このグループは一緒にあらゆる事を乗り越えてきています。ですから、わたしと彼で話し合い、それを考え、反映していきますが、ラッセルが感じるがままに、伝えて表現していけばいいと思っています。

-via USA Today

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です