ダンカンの思い出Prt2. ペイントボール

http://www.pipopatat.nl canda goose outlet http://www.desmidsehemmen.nl canada goose sale

元スパーズのチームメイトのステフェン・ジャクソンがティム・ダンカンとの思い出を語った。



ジャクソン:「ティムはペイントボールで遊ぶのが好きなんだ。あんなに背の高い男なのに、身を隠すのが凄くうまいんだ。トレーニング・キャンプ中だったからペイントボールは禁止されていた。ポップが行くなと言っていたんだ。でもティムが行こうって言い出したから、隠れてペイントボールをやりに行ったんだ。」

「オレは、過去何度もリアルに撃たれた事があるから、ペイントボールは怖くなかった。それは、旗とり合戦だったから、丘を登っていかなければいけなかった。新参者だったから、マスクが曇らないものがあると知らなかった。アクション中毒だから、旗を奪いに丘を登っていった。マスクが曇ってきた。それで階段を上ろうとしたら、足を滑らせて口から転んでしまった。血が吹き出たよ。」

「戻ったらティムが、”ポップになんて言えばいいんだ?”と焦った。なぜなら、転んだケガでオレの唇は巨大に腫れ上がっていたからね。ティムは、“ポップに何て言えばいいんだ?”と焦っていた。それでオレたちは言い訳を考えた。オレがクラブかどっかにいたって事にした。オレがペイントボールで転んで唇をケガした話よりもクラブにいた話の方が本当っぽいしね。

-via my sa
-photo grantland

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です