グリーン 「これからも変わるつもりはない」

http://www.pipopatat.nl canda goose outlet http://www.desmidsehemmen.nl canada goose sale

ドレイモンド・グリーンがTeam USAの練習に参加した。暴行事件の後では初の公の場に姿を現した。

「わたしは、わたしでいたからこそ、ここまで来れたんです」

そうグリーンは笑顔で言った。

暴行事件について聞かれると、弁護士がすべてやってくれていると答えた。

グリーン:「弁護士に任せています。そして、わたしは金メダルのために戦うチャンスを得ています。その目標のためにはどんな事からも邪魔を入れさせてはいけません。これはわたしのためではありませんし、チームの誰のためでもありません。これは、国のために戦いに行くための正しい在り方なのです。それ以外の事は2番目のようなものです。」

グリーンはオリンピックのため、リオに出発してしまうので、事件の裁判が8月4日から7月21日に早められた。

警察によると、グリーンはエドモンドソンを殴ったが、両者ともケガはなかった。エドモンドソンはそれ以降ミシガン・ステートから転校している。

グリーン:最終的には、公人として、国の代表として、(金メダルを目指す使命がある。)それは、わたしよりも大きい事です。このチームの誰よりも大きな事です。わたしたちはその事を忘れてはいけません。

コート場とコート外における事件にも関わらず、グリーンは変わるつもりはないと言った。

-via espn

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です