ポップ ダンカン後とTeam USAへの意気込み

http://www.pipopatat.nl canda goose outlet http://www.desmidsehemmen.nl canada goose sale

「腹に大きな穴があいたかのようです」

ポポヴィッチは先週引退したダンカンについて語った。



「彼のもたらした文化と彼のユーモアの事を考えています。もう20年もやってきたから慣れていたけど、それが無くなってしまいました。どうにかしてまたそれを見つけないとと思っています。何とかしないといけませんね。でも、わたしたち全員の人生は進んでいくのです。」

今週、ポップのティム・ダンカンなしの人生がTeam USAの練習で始まった。ここではマイク・クリゼウスキの後継者として、未来にコーチをする選手と知り合える。しかし、それはまた偉大なキャリアを積み上げてきたポップのエキサイティングなチャレンジでもある。

ポップは今67歳で、多くの人にダンカンと一緒に引退すると信じられていた。しかし、今はスパーズと、少なくともあと4年はTeam USAにコミットしている。

「何があったか知っていますか?そそのかされたんですよ」
ポップはジョークを言った。

「約束をし続けなければいけませんでした。数年前にマヌと契約する時に、彼にここにいるかと聞かれました。次はトニーで、次はクワイに聞かれました。そしてラマーカスをリクルートした時に、彼からもここにいるか?と聞かれて、それが続いていくんです。もう止まれないですね。引退は出来そうにありません」

いつかフリーエージェントを追いかける時に、「来週やめるんです」っていう時が来ますよ。

ダンカンが去る時はエモーショナルだったポップは、この若いチームと練習するのが気分転換になったと言った。

「とても楽しいです。このグループを見ていると、みんなが男たちと少年たちのようです。オリンピックチームとセレクトチームを見ていると、彼らはとても若くて、顔なんて小さい子供のようです。そして12人のオリンピアンの中の10人がこのプログラムを経験してきてると思うと、それはパイプラインであり、カルチャーでもあります。この若者たちはTeam USAの選手たちと同じようになるんでしょうね。」

また来年からヘッドコーチに就任するTeam USAについても語った。



「ジェリー・コランジェロがわたしに電話してきた時は驚きました。もっと若くて優秀な人がいるのにです。だから良かったです、彼らといっしょに国を代表できるチャンスには、YESとしか返答するしかありません。」

「だから、違う意味ではとても怖く感じています。大きな責任がありますからね。前に大失敗してから、この10年このプログラムはとてもよく機能しています。それは感じています。そのプレッシャーを感じないと言えばウソになります。これを正しく運営するために一生懸命に頑張らなくてはいけません。だからコーチKとジェリーやここでやってきたみんなからできるだけの情報を絞り出しますよ。ジェリーがまだ続けてくれて良かった。コーチKも続けるでしょう(スペシャル顧問に就任)。わたしにとってはいい事です。いろいろな人に頼れますからね。

-via espn
-photo NBA

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です