マーク・キューバンが語る なぜダークの契約は約50億になったのか

http://www.pipopatat.nl canda goose outlet http://www.desmidsehemmen.nl canada goose sale

この10月に18年目のシーズンを迎えようとしているダラス・マーヴェリクスのエース、ダーク・ノウィツキーは、このオフシーズン、ダークはおよそ25億円の契約の最後の年にオプトアウトした。


ダークがウェイドのようにずっとプレーし続けてきたチームを出てウォリアーズのような優勝を狙えるチームに行くと言っていた人もいるが、そうはならなかった。マーク・キューバンはダークに2年でおよそ50億円の契約をオファーしたのだ。

その経緯をオーナーであるマーク・キューバンに聞いた。


キューバン:「フリーエージェンシーがはじまった時、ダークは国にいなかったし、誰も彼を捕まえることができなかった」

キューバン:「わたしはダークに好きな数字を言ってくれと頼んだんだ。実は、最初はもっと安い金額だった。エージェントはこのくらいはどうだ?と言ってきたが、わたしたちは、もうちょっとお金があるからもっと払うよ、と言ったんだ。そしたら数字がだんだんと大きくなっていった。最後には、残りがこれだけあるから受け取ってくれ!と言ってその金額になった。」

キューバン:「わたしたちはダークとの契約の最後の年をチームオプションにしたかった。そうすれば、ダークが来年で引退するというウワサがたちにくいと思ったんだ。ダークのような男は、引退したくないのに遠征に行った先々で毎回引退するのか聞かれる状況はを嫌うだろう。それに、チームオプションがあれば、もしわたしたち(ダーク含む)が気に入った選手がいれば、その選手に使える金額がフレキシブルになるし、もしそんな選手がいなければダークにあげる事もできる」

マーベリクスは、NBA史上6人しか達していない29,000得点を記録したダークの他に、4年でおよそ94億円でハリソン・バーンズと契約し、アンドリュー・ボガードをトレードで獲得した。また、デロン・ウィリアムスと再契約し、セス・カリー、ニコラス・ブルッシノ、クインシー・エイシー、2ndラウンドピックのAJハモンズをロースターに加えた。

($1=¥100換算)

-photo SB nation

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です