Team USAの豪華客船

http://www.pipopatat.nl canda goose outlet http://www.desmidsehemmen.nl canada goose sale

Team USAの男女バスケットボール代表団は、リオのオリンピックでは選手村に泊まらずに、豪華客船を貸し切り宿泊をしている。




警備は厳重に布かれ、警察のガンボートが24時間巡回し、客船は防弾フェンスで囲まれている。

客船は何でもあり、個別のシャワー、屋上にはプールやホットタブ、リクリエーションのカジノやシガーラウンジ、会議室や図書館、ジムも完備されている。ホテルのようにいつでも頼めるルームサービスもある。ひとつだけ手を加えたのは、7フットのベッドを装備した事だ。

ジミー・バトラー:「ただ船ってだけで、ホテルと同じですね」

196室もある客船の1部屋の通常料金は1週間でおよそ130万円になるそうだ。今回のTeam USAのトータルコストは明らかにされていない。







(選手村に滞在しているオーストラリア代表のアンドリュー・ボガート(ダラス・マーヴェリクス)。シャワー・カーテンを自分で設置している)




Team USAは伝統的にオリンピックで選手村には泊まっていない。2004年のアテネでは船に滞在し、2008年の北京と2012年のロンドンではホテルに泊まっていた。

USAバスケットボールのディレクターのジェリー・コランジェロは、選手村に宿泊しないのはセキュリティーの面が大きいようだ。

コランジェロ:「選手たちは世界でも最も有名なアスリートだろう。だから用心するに越した事はない。IOCがプロの選手を出場可能と決定した時から、わたしたちは預かっている選手たちを守らなければいけなくなりましや。単に選手村に入れる事はできないのです。彼らの資産価値はとてつもなく大きい。」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です