ケヴィン・ガーネットが引退

http://www.pipopatat.nl canda goose outlet http://www.desmidsehemmen.nl canada goose sale

ケヴィン・ガーネットが、21シーズンをプレーしたNBAでのキャリアに幕を閉じました。40歳です。ウルブスは、ガーネットを契約上解雇し、2016-17年の契約の約8億円はそのままKGに入る事になります。



KGは、1995年にドラフト5位指名で高校から直でNBAに入りました。KGが活躍した事により、それまではリスキーと考えられていた高校生プレーヤー達(コービー・ブライアント、レブロン・ジェームズ、トレーシー・マグレディー、アマレ・スタッドマイヤー、ジャメイン・オニールなど)がNBAへと入る道を確立しました。

KGはNBAのキャリアを通じ、25,000得点/10,000リバウンド/5,000アシストを記録しました(このカテゴリーを達成している他の選手は、カリーム・アブドル・ジャバーとカール・マローンしかいない)。

2003年~2006年の間、4年連続リバウンド王になり、オールスターは15回、オールNBAの1stチームは4回、2008年にDPOY、ALL Defensive teamに9回選出されるなど輝かしい成績を残しています。

KGは、リーグ史上最高額の約330億稼ぎ、1997年に21歳の若さで6年/約126億円の契約を結びました。2004年にMVPを獲得し、2007年までの12年ウルブスでプレーした後、セルティクスに移籍。2008年に優勝しました。2013年にネッツへ移籍し、2年間プレーした後、2015年にウルブスへ戻って来ました。



KGは引退表明のビデオで、ターゲット・センターをサングラスをかけて感慨深く歩き回り、次のように語っています。

KG:「ただ感謝しています。言葉にはできません。ただ感謝しています。すべての人に、その愛に、感謝しています。大勢の人からこのように愛されるなんて考えもしませんでした。でも、それが現実になったなんて信じられません。心配しなくても大丈夫です。これが優しい道だなんて期待していません。でも、ここまでは順調です。見ていて下さい。」

そして、「さようなら、ジャーニーをありがとう」という言葉がスクリーンに現れ、Tix(The Big Ticket)のサインで締めくくられています。

※Journeyは旅というよりも、人生の経験や過程を重視している意味です。該当する日本語が思いつきませんでしたので、そのままジャーニーとしています。

-via espn

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です