ローズの裁判の前に

http://www.pipopatat.nl canda goose outlet http://www.desmidsehemmen.nl canada goose sale

NBAスターのデリック・ローズと彼の友人の2人をレイプで告訴している女性は全く違った2つの人生を生きている。

彼女はジェーン・ドーとしか知られておらず、社会に対し素性は明かしていない。ジェーンは、プロバスケットボールの有名な選手とのディテールに富んだセックスを公表した事件の中心人物で、意識を失っている時にローズと2人の友人からレイプされたと訴えている。ジェーンは30歳の大学生で、彼女の家族はローズへの訴訟で21.5億を要求している事は知らない。



ジェーンにとって、メキシコからの移民である両親、兄弟、甥や姪の生活を守るために素性を隠している事はすごく重要だ。しかし、10月4日の裁判に向けて、世間がこの事件に注目して行くほど匿名性を守っていく事は厳しくなっていくだろう。「家族たちは何かがおかしいと感づくでしょう。それでも、私は何を感じ、何を経験しているかを彼らに説明する事も表現する事もできません」ジェーンはAPの最初のインタビューに答えた。「この痛みを伝える手段を考えるのはすごくつらい事です」

ジェーンは、注目を浴びずに生活していくために匿名でいる事が重要だと考えている。しかし、ローズサイドの弁護士は彼女の本名を公表したがっている。なぜなら、彼女の素性が明らかになれば、彼女がでっちあげた話がウソだと解き明かす事が出来ると信じているからだ。今のところ、裁判官はジェーンの素性を隠す事に賛同しているが、月曜のヒアリングでそれも変わるかもしれない。(実際、法廷で彼女の匿名を解除する事が認められた)

「これは暴行事件ではありません。これは単純に原告のゆすりです。被告と長い間合意のある性的関係があり、セレブから何億もの賠償を求めているにも関わらず素性を隠したがっている」

ニックスにトレードされたローズにとっては冒険がはじめったいる。故郷であるシカゴでMVPを穫ったがトレードされ、有名選手さえ期待に答えられなければ許さない都市でオーススターだった頃のレベルに戻ろうとしている。

裁判は10月4日に始まる予定で、それはローズの28歳の誕生日でもある。NBAはプレシーズンがはじまっている。ローズにとって避けたいのは、ニューヨークでチームメイトと練習しなければいけない時に、国をまたいだLAで自分のセックスライフについて法定で証言しなければいけない事だ。もしこの事件でローズが勝利しても、恥ずかしい詳細が公開されてしまい、名声もマーケティングもダメージを受けるだろう。そうなる前に両者の間で示談する可能性もある。

ジェーンは、2013年の8月27日の早朝にローズと仲間たちから自宅でレイプされたと訴えた。彼らは、彼女が泥酔し、吐いて気を失った後に押し入ったと語っている。ローズと弁護士は、ジェーンが自らローズ達を部屋に入れてセックスも承諾したとして彼女の話を否定している。

法では、泥酔した人に対しセックスの合意を得る事はできない。ジェーンはその時、ローズとセックスについて合意するようなコンディションではなかった。彼女はローズと2年近くデートしていたが、ローズはおろか、他の2人の男性達とも合意する事は出来なかった。

「起きたら、前の夜と同じドレスを着ていました。私は服を着たまま寝る事はありません。寝る前にいつも着替えて寝ます」ジェーンは、生まれ育った街から数時間ほどの距離にあるオークランドでのインタビューで語った。「着ていたドレスが首までまくりあげられていて、ヌルヌルするものを感じました。ルビがベットと脚に撒き散らされていました。コンドームの袋と使っていないコンドームもありました。それを見た時はショックでした。何があったか信じたくありませんでした」

ローズの弁護士チームは、彼女のルームメイトも在宅しており、その夜の間ずっと家にいたが、ジェーンが苦痛で悩んでいたという証言は1度もしていないと語った。また、ロースの弁護士は、彼と友人達は彼女がそんなにも泥酔しているとは知らず、彼女が自分で彼らを部屋に入れたとも語っている。

ローズの弁護士によると、ジェーンは同僚に彼女がレイプされたと言っていた数時間後にはNBA選手とセックスをしたと自慢していたそうだ。

「原告の性の調査はメディアの注目になっている。彼女はその夜の事をほぼ覚えてていないと証言したが、その夜に何があったかは永久に変わる事はない。それは、Mr.ローズと原告の間で合意の元での性交があった事だ。」マーク・バァウテ弁護士がAPに語った。

この事件は、また他の有名人による判断不能な女性に対しての強姦事件としても注目を浴びている。元スタンフォードの水泳選手のブロック・ターナーは、無意識の女性を暴行し、6ヶ月の実刑を受け、罪状について不服とする抗議運動につながった。ビル・コスビーは十数人以上の女性から、薬物と性的に暴行されたとして訴えられている。先月、元NFLのダレン・シャーパーは4州にわたり女性たちを薬物の使用と強姦の罪で連邦刑務所での18年の実刑を受けている。ローズの事件では、犯罪や刑務所行きはない。女性は2年間も警察に報告をせずにいたので、州検察が充分な証拠が得られないため起訴する事が出来ない。

しかし、ローズとニックスの評判は傷つき、広告提携が打ち切られてしまうかもしれないし、取る事が出来なくなるという影響もある。ローズは、契約の最後のシーズンを迎えようとしている。ローズと犠牲者の2人は、2011年(ローズがMVPを獲得した年)にローズが開いた煌びやかなパーティーで出会った。両者の関係は長い間続き、性交もあった。ジェーンは、ローズとスカイプや電話で定期的にコミュニケーションを取っており、ローズがカリフォルニアに来た時は会っていた。また彼女はローズに会いにシカゴまで行った事もある。

2013年の8月、ローズは南カリフォルニアで膝のケガをリハビリしており、ジェーンはロスで働いていた。8月26日の夜、2人はローズが借りていた家でパーティーをしており、彼女はヴォッカ、ワイン、テキーラを飲んだ後帰宅した。その数時間後に彼らが彼女の家に現れた。

ジェーンは何も覚えていないと言っているが、ローズ側は、彼女は性交後でも機敏で、部屋の掃除さえしていたと言っている。

彼らが去った後、ジェーンはシャワーへ飛び込んだが水を感じないくらいショックだったそうだ。

「汚されたと感じました」彼女は言った。「それが本当だと信じたくありませんでした」ローズの弁護士はなぜ彼女がすぐにレイプされたと警察に行かなかったのか、病院で検査しなかったのか疑問に思っており、彼女がMr.ローズからお金を何度もせがんだが、何ももらえなかった後に警察へ行ったと言った。

ジェーンは事件の翌朝、仕事に遅れ、警察へ行けるような感情な状態ではなかった。彼女は、目覚めてからの状況を心配してくれた同僚に説明すると、同僚は警察へ行くようにすすめたり、彼女のために弁護士に相談すると言ってくれたと語った。彼女の右手は、前夜のパーティーで火傷して痛み、水ぶくれしはじめていた。その同僚は証人として証言する予定だ。

彼女はローズにテキストを送った。しかし、彼は何が起きたかを具体的には答えなかった。彼女は不当に性に乱れているとレッテルを貼られていると信じ、ローズ側が彼女が他のNBA選手達ともセックスをしたとの主張に異論を唱えている。彼女の弁護士の内のひとりであるブランドン・アナンドは、ローズの弁護士達は彼女を貶めるためにハラスメントのようなキャンペーンを行っていると言った。

アナンドは言った。「初日から、すごく攻撃的でした。彼女の名前をリークすると脅したり、何も知らない彼女の両親を利用しようとしたりしたんです」

彼女はメキシコからの保守的で大きな家族の末っ子だ。もし両親が真実を知ったら家族が崩壊してしまう事を恐れている。彼女は言った。「両親はわたしが伝統的で文化的な女性でいて欲しいんです」

彼女は、匿名性を維持しながら訴訟に勝ち、他の女性にも勇気を与えたいと語った。「わたしの物語をシェアして、女性たちにどのように対応すればいいのか、匿名を保つ事によって愛する人たちに知られる心配がないよういられるのか、そんな道を示せればと考えています」

訴訟中、彼女はサンフランシスコの学校に通い続け、週末には家族に会いに行く事が出来ている。彼女にとって、家族から自立した人生はもう重要ではない。自立して家族のためになりたかったという想いと、そのために戦ってきた全てが裏目に出て、このような状況に陥っていると感じているからだ。

「どうして女性が護ってくれる人が必要なのか理解できました。今はただ家族の近くにいたいんです」

ローズの証人には、原告の元友人のガブリエラ・チャベズを予定。彼女は、2013年の8月27日に原告がローズたちと任意で乱行をしたと認めたと陪審員たちに語るようだ。

ローズの弁護士たちは、原告の同僚だったケヤナ・ラヴァーネも証人に呼び、彼女がレイプされたと訴えている数時間後には1日中働いていた事と、原告が自分のコンピューターで大人のオモチャの写真を見せた事があると証言する。

最後に、原告のルームメイトだったクラウディア・カーレロが、集団レイプによるような騒ぎは聞こえなかったし、翌朝原告は微笑んでいてハッピーな様子だっと証言する予定だそうだ。

10月4日の裁判でジェーン・ドーの実名が明かされる。

-via NBC sports

-via

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です