NBAのトレードの裏側

http://www.pipopatat.nl canda goose outlet http://www.desmidsehemmen.nl canada goose sale canada goose belgie canadagooseoutlet.at

2011年のトレード・デットラインが迫っている中、セルティクスのアンジーGMはケンドリック・パーキンスのトレードバリューを見定めておきたいと思い、他チームへトレードの可能性を打診した。結果的に、セルティクスはサンダーとパーキンスとジェフ・グリーンのトレードを行う。そのトレードはNBAの勢力図を変え、球団を大きく揺さぶった。当時のセルティクスのヘッドコーチだったドック・リバースが振り返った。

「ロッカールームは文字通り涙で引き裂かれた」

「ある選手たちは泣いていた。まるで誰かが死んだみたいだった」

ボストンのコーチング・スタッフはその夜、避けられないであろうナゲッツからの敗北に備えていた。チームメイトたちはパーキンスが去る時に抱きしめ合った。セルティクスのアシスタントGMのマイク・ザーレンが言う。「机の上にトレードを実現するためのタスクが80もある。ただそれをやるだけだ。私がトレードを完遂させたんだ」

NBAのトレードは、表面上モノポリーで遊んでいるように見える。高額な契約、未来のキャッシュ、マイナーなアセットが散らばっていてマップを取り巻いている。しかし、リアルなトレードは有名なボードゲームとは違い、銀行はプラスティックの作り物ではない。

トレード交渉が終われば、トレードに関わったエグゼクティヴ達は、トレードを完了させるためにNBAの法務部とのカンファレンスコールに参加しなければいけない。

いったん球団同士がトレードの基本的な部分で合意したら、球団は、関わる選手全員の契約、保険、メディカルレコードを共有しなければいけない。次に、NBAとの会議のスケジュールを決める。NBAは通常ビジネス日にしか会議をしたがらず、週末にまとまったトレードは差し迫った状況でなければ翌週へと持ち越される事になる。

すべてのトレードの取引は、東海岸時間の午後3時には終わらなければいけない。前ナゲッツのアシスタントGMのボビー・マークスが語る。「ウォールストリートで働いた事はないが、ディールをしているとアドレナリンがとまらない」

最後の数分に怒濤の取引がある場合、NBAはすべてのトレードに順番をつけ、順番通りにやっつけていく。

簡単なミスや計算ミスがトレードを脱線させる。CBAの第8条にはトレードを締結させるための11もの規則が定められていて、いつ選手がトレード可能になるのかから、球団が交換できるキャッシュの金額についてなどあらゆる場面を想定している。

NBAとのカンファレンスコールでは、通常球団側はフロントオフィスのは3~4人がディスカッションに参加する。多くの球団はそこに参加できる人数を制限している。あるエグゼクティブが言うには、電話では誰が参加しているかを共有し、すべての通話は録音されるそうだ。

そして、NBAは、ニューヨークにある本部にメールされた交渉の条件を確認し、「トロント、テレンス・ロスと2017年の1stラウンドピックのトレードに合意するか?」と明確にする。そしてラプターズが承認したら、オーランド・マジックはトレードの合意について承認するか聞かれる。

そのプロセスは球団が逃げ道をつくるのを防ぐためにある。NBAの法律の専門家がトレードされる選手の契約のすべての詳細に目を通す。普通のディールでは、電話は10分ほどで終わる。もっと込み入ったディールは、例えば、ケヴィン・ガーネットとポール・ピアースをブルックリン・ネッツに送ったトレードは、数時間かかった。この骨のおれる作業は、契約の違反になるであろうあらゆる可能性を浮かびあがらせる。1999年に実際にあったミネソタ・ティンバーウルブスのグレン・テイラーとジョー・スミスの間の裏取引された事を受けて厳しくなったそうだ。

何人かの現役や元エグゼクティヴたちによると、2000年のはじめは、トレード相手の球団がディールの中に余計な1stラウンドピックを入れてきた経験を持っている。しかし、この10年でそのような汚い行為は消えたようだ。

すべての条件(条項)が見直され、確認されると、球団は鍵となる詳細についてつめなければならない:どのくらいで選手が新しいチームへ現れなければいけないか、フィジカルチェックの詳細などが決められる。通常キャッシュは、ディールが終わってから30~60日で受け渡されなければいけない。球団はまたトレードした選手の査定を辞める権利もある。「モー・ウィリアムスがアトランタにトレードされた時、皆彼はもうプレーはしないと知っていた。だからそのような場合、そのプロセスに固執する意味はない」マークスは説明する。

NBAは契約のサマリーをプレーヤーズ・アソーシエーションにメールし、30チームにドラフトのメモを書く。その間、それらのうちひとつの球団が、選手の契約と契約の権利と義務についてもうひとつの球団へアサインする旨を書いたアサインメント書類をつくる。エグゼクティブがトレードをブレークダウンしたテンプレを書かなければいけない。パーキンスをトレードした時に、ザーレンが涙を抑えなければいけなかった理由がこれだ。

-via sports illustrated

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です