トレード情報 by ケヴィン・オコナー

Browse By

The Ringerのケヴィン・オコナー が出しているトレード情報をリストにしてまとめました。

  ウルブスはタイリース・ハリバートンをすごく気に入っていて、トップ3からのトレードダウンも検討中。

  マブスはすでにブルズにザック・ラヴィーンのトレードについて連絡を取った。また、ルカの次のプレーメーカーを探している。スペンサー・ディンウィディー、ヴィクター・オラディポにも興味を持っている。

(Design by CLUTCHPOINT)

 

  ホークスは、ドラフトNo.6ピックのトレード交渉で忙しい。ペリカンズとジュルー・ホリデー、ウルブスとジャレット・カルヴァー、セルティクスと3つの1stラウンドピック… ピストンズよりも前にトレードアップ行ってパトリック・ウィルアムスを取ろうとしているチームもある。

(Design by CLUTCHPOINT)

 

  サンズはドラフトNo.10ピックをサンダーとのクリス・ポールのトレードで使おうとしている。

  スパーズはパティー・ミルズを売りに出していて、バックスやシクサーズが興味を示している。シクサーズとのトレードではジョッシュ・リチャードソンが含まれるようだ。また、ラマーカス・オルドリッチとデマー・デローザンの契約も取り除こうとしている。レイカーズがデローザンのトレードに興味があるようだ。ウォリアーズがオルドリッチを欲しがるかもしれない。*ダニー・グリーンはシュルーダーとのトレードに出されるようです。

(Design by CLUTCHPOINT)

 

  セルティックスはこのオフシーズンで何か大きなことをやろうとしているようだ。彼らには1stラウンドピック(14、26、30)があり、ペリカンズとジュルー・ホリデーのトレードに使うかもしれない。その場合にはサラリーを出さなければいけないが、それはゴードン・ヘイワードかケンバになるかもしれない。

  マジックはドラフトNo.15ピックとアーロン・ゴードンのパッケージでドラフト順位をあげようとしている。

  バックスはトレードで活発に動いている。エリック・ブレッドソーを出そうとしていて、いくつかのチームにオファー済みだ。彼らはロケッツのロバート・カヴィントンとPJ・タッカーを追っている。

(Design by CLUTCHPOINT)


サムネイル画像:Photo by Vaughn Ridley/Getty Images