トレード・デットライン クリス・ヘインズ!

Browse By

Yahooのクリス・ヘンズのトレード情報です。

ジョン・コリンズ

ホークスはこれまでジョン・コリンズへのトレード・オファーは気にっていない。例えば、マブスはマキシ・クリーバーを含めたパッケージをオファーしてきたそうだ。

最近勝てるように変わったホークスにとって、今ケミストリーを変えることはリスキーだ。また、オーナシップは勝ちたがっている。それがこのトレードの中心になる。

マーヴィン・バグリー

キングスはバグリーを市場に出した。キングスはバグリーをセディック・ベイのトレードでオファーしたが、ピストンズに断られた。リーグ内ではキングスとバグリーは別れる方法を探している。よくケガしている彼のキングス時代は激動だ。

 

アーロン・ゴードン

ロケッツの選手たちは、アーロン・ゴードンのトレードが締結間際だと感じていたが、最後のさいごで何かがあってトレードがなくなった。交渉は本当に合意間近だったそうで、ヴォクター・オラディポが含まれていた。ゴードンは再建チームには行きたくないという話もあり、彼が止めた可能性もある。

 

ゴードンを求めるチームは彼が契約延長の意思を確かなものにしたい。彼は2022年の夏にFAになる。

マジックとブレイザースの交渉も減っているそうだ。ナゲッツはまだ興味を持っているが、動かなくてはいけないという焦りはない。

ジャレット・アレン

このオフシーズンにRFAになる。キャブスは彼のオファーシートにマッチしなければいけない。ピストンズ、ラプターズ、スパーズ、ウィザースが興味を持っているそうだ。

ネッツはルーキー契約延長の時、彼に4年で約48億円のオファーをしていたが、彼は断っていた。

 

ジャヴェル・マギー

キャブスのバックアップセンターの次の目的地はトレードではなくバイアウトで決まりそうだ。

参考サイト:Hoopla with Haynes: Aaron Gordon to Rockets was close but hit snag; Kings make Marvin Bagley III available
サムネイル画像:Photo by Jerome Miron/USA TODAY Sports