KDとドレイモンドがKDのリクルートについて語る

Browse By

ケヴィン・デュラントのポッドキャスト、「The ETCs with Kevin Durant」内で、ケヴィンとドレイモンドの2人が、2016年のファイナルズでウォリアーズがキャヴァリアーズに負けた後、ドレイモンドがアリーナの駐車場から泣きながらケヴィン・デュラントに電話してリクルートしたと言われている噂についても語りました。

その時、KDは海外でバケーション中だったとのことです。

KD:「それについてはいくつかのストーリーを聞いている。私から言えるのは、私たちはただ”Yo、私は見たか?お前も見たか?オーライ、わかった”とテキストを送っただけだ。本当はそれだけなんだ」

ゴンザレス:笑

ドレイ:「まさしくそれだ」

KD:「緊急のFaceTimeなんかなかった。それは本当にさっき私が言った通りものなんだ。”Yo、何があったか見たか?見た。オーライ、これから向かう”(チームになのか、アメリカへなのかは不明)」

ゴンザレス:それは言われてきたようなドラマチックものとはほど遠いね。

KD、ドレイ、ゴンザレス:笑

ドレイ:「あれはまさにKDが言った通りのことだった。”お前は駐車場で泣きながらケヴィンに電話した”というストーリーが全てだった。私は、”Yo、みんながこのshitに劇場的センスを付け加えて映画にした”って感じだった。テレビのためにShitをでっちあげた。そのためにちょっとだけ付け加えなければいけなかった。そうすればみんなが見てくれるからだ。でも私は出て行って戦う気にはならなかった。ケヴィンがどうやってここにやって来たとみんなが心の中で思ったことが何であろうと、彼らはそう思えるものを信じたんだ」

KD:「そうだ」

KD:「また、OKCファンについては、彼らは私とドレイがカンファレンス・ファイナルズ中にマジでお互いに遊んでチルしていると思っていた。そのShitを聞いた時、私は”なんなんだ?みんな私をどんな奴だと思っているんだ?”と思った」

ゴンザレス:笑

KD:「”みんなカンファレンス・ファイナルズ中にドレイが私の家に来て私と遊ぶと思っているのか?”って感じだった。カモン、Bullshitはやめろ」

ドレイ:「その通りだ。私たちは、KDとラスが来るからあなたたちは来てはいけないと言われたので、レストランにも行けなかった」

ゴンザレス:「Shit」

KD:笑

ドレイ:「とあるレストランには行けなかった。KDとラスが来るはずだったからだ」

KD:「笑 私たちはほぼまちがいなく行かなかった。私たちのチームはその時はそれだけ規定されていた」

ゴンザレス:「マイク(ジョーダン)とエインジのようにゴルフには行かなかったのか?」

KD:「Hell no !!」

KD、ゴンザレス:笑


Podcast: ETCs w/ Kevin Durant