続・ウルブスの買収はうまく行くか?

Browse By

アレックス・ロドリゲス(以下A-Rod)とマーク・ロアによるウルブスの買収にオーナーのグレン・テイラーも合意しましたが、また問題が出てきてしまいました。なかなかうまく話が進まないので、また買収がなくなってしまうのか気になるところですが、何があったのでしょうか。

以前、ここでも紹介しましたが、4月にA-Rodとロアのコンビが、ウルブスを約1500億円のバリュエーションで買収することでテイラーと合意をしました。これまでも何度か買収話はあったのですが、なかなかウルブスを売却しなかったテイラーだったので、はじめての買収合意にはメディアも大きく取り上げました。それもつかの間、ここで新たな問題が発生します。

ウルブスの17%を保有する少数株主のメイヤー・オーバックが、タグアロング権を行使して自分の株式も約300億円で買い取るように求めてきたのです。

タグアロング権は、企業の買収案件などで契約に入る条項で、ググると以下のような説明が出てきます。

株式売却における条項のひとつ。 ある株主が株式を売却する場合、他の株主も同じ条件で同じ買い手に売却する権利を保障する契約のこと。 大株主は往々にして影響力が強く、その持ち株を大量に手放してしまうと株価が下落するため、少数株主は一方的に被害を受けることとなる。

簡単に言えば、オーバックはテイラーが勝手に売却の話を進めて、自分だけ金を得るのだったら、こっちにも同じように金を払えと言ってきています。

(左からグレン・テイラー、メイヤー・オーバック、上海の投資家、NBAコミッショナーのアダム・シルヴァー)

テイラーは、タグアロング権の発動には球団のコントロール権分の株式を売却した時に起きる話で、自分の株式を売るだけではその権利は行使されないと解釈しています。逆にオーバック側は、売却に合意した時にその権利は施行されると解釈しており、テイラーを法廷に訴えました。

もう買収するんだからタグアロングでお金を先に払うことの何が問題なのかと思う人もいるかもしれませんが、テイラーとA-Rodとロアの合意では、彼らはまず約250億円払って株式20%を取得し、その後、大株主になるための残りの株式取得を2023年の終わりにすることで合意をしています。なので、合意に於いては今払う必要もないものです。また、今A-Rodとロアには資金がないようで、約300億円も払えないようなのです。

A-Rodはともかく、ロアがいれば金はいくらでも借りれるという話もありますが、少数株主は17%のだけではありません。オーバックの話を聞いてしまうと、ウルブスの少数株主6人(グループ)全員の株式を買い取らなくてはいけなくなり、約300億円だけでは済まなくなるかもしれません。(上海の投資家のLizhang Jiangも5%を保有、サンダース家も少数株主です)そう思うと、一括でクリッパーズを約2000億円で買ったバルマーの資金力はとんでもありませんね。

またひとつの疑問は、なぜオーバックは2年後の大株主交代まで待てずに今金が欲しいのかです。コロナで借り入れの返済のための資金が必要なのかもしれませんが、最も有力な説はテイラーへの嫌がらせです。

オーバックは2016年にウルブスの少数株主になってから、テイラーの後継者だと見られてきました。球団内でもその見方をする人は多く、オーバックのことを次のオーナーかのように接していたそうです。テイラーがそれだけの株式を渡す人物ですし、信頼もあったのでしょう。しかし、オーバックはウルブス買収の席につくことはできませんでした。理由は不明です。オーバックはそのことに怒っているとも言われています。

(グレン・テイラー Photo by Jeffrey Thompson/MPR News)

そしてこのタグラロング権の争いは合衆国地方裁判所で審議がされていたわけですが、ついに判決が下りました。

判決は、タイラーの勝利!

裁判官は、タイラー側の主張を認め、オーバックのパートナーシップ合意の違反の主張を退けました。オーバックの株は、A-Rodたちが支配権を超える買収をした時に買われることになったそうです。

ウルブスの買収スケジュールは、A-Rodとロアは2022年の終わりにコール・オプションで株式取得、2023年の終わりにコール・オプションで株式取得し大株主になるそうです。その期限を守れなければ契約は無効とされ、すべての株式買収にはNBAの他のオーナーの承諾が必要になるとのこと。

ですので、このままA-Rodとロアの球団買収は進んで行きます。何も問題なければ、2023年の終わりにはA-Rodとロアがウルブスの新オーナーです。

また、この裁判で明らかになったのは、タイラーとA-Rodたちが合意した契約書の中には、球団をミネソタに縛り付ける文言は入っていないことでした。


タイラーは以前それを契約に盛り込むと言っていましたが、入っていなかったことが明かされました。これは意外にもあまり問題になっておらず、まずはテイラーからはやくウルブスを買い取って再建して欲しいという意見が多い印象です。

ミネソタも結構マーケットサイズ(188万人)的にはシアトルに引けを取らず大きいので(約11万人くらいの差)、わざわざチームを移すことはしないと思います。ベガスは話にならなく、約83万人しかいないのであえてベガスへ移ることはないでしょう。サマーリーグをやるくらいなので、施設等は問題なさそうですが、そもそもこの規模でなぜNBAがエクスパンションでベガスを候補にしているのか謎です。まだセントルイス(123万人)やサンディエゴの方が規模が大きいので、エクスパンションには向いていると思います。しかし、収益構造が代わり、地方テレビ局ではなくアマゾン・プライムやYoutubeが放映権に大金を出してくれるようになるのであれば、チケットの収入が他よりも見込めなくても可能性はあるかもしれません。

また、ロアは冬が厳しいミネソタでも試合に行くことは厭わないようなことも言って覚悟ができていそうです。そうとうなことがない限り、ミネソタから移ることはないでしょう。もうこのまま問題なく買収が進んで欲しいところです。


参考サイト:A-Rod’s deal to buy the Minnesota Timberwolves is about to get tested / Wolves’ Glen Taylor wins legal dispute with limited partner, paving the way for Lore and A-Rod purchase
サムネイル画像:Photo by AFP